« 青山七恵「ひとり日和」 | トップページ | 澁澤龍彦『快楽図書館』と吉行淳之介論 »

2007年3月18日 (日)

京都 花灯路

 2年ぶりに花灯路
 夜、東山駅から地上に出ると、ボランティアガイドが散策マップをくれる。
 露地行灯が置かれた神宮道へ出て青蓮院前へ。
Kusunoki  門前のがライトアップされている。親鸞さんお手植えとも伝えられ、ほとんど京を焼き尽くした応仁の乱の戦火も免れた大木。しばし見上げる。
 このあたりは車の通行が止められているし、あまり人通りがないのがよい。

 知恩院前を抜け円山公園へ。
Sidare  生け花を前にして、名物枝垂れ桜もライトアップされている。蕾が少し膨らんでいるよう。でも、桜の裸木がライトアップされているのは少し痛々しくもある。

 ねねの道へ出ると、俄然ひとが増える。このまま二年坂、三年坂へ進めば人はさらに溢れていることだろう。
 避けて石塀小路へ入る。舞妓さんと年輩の旦さんがすぎてゆく。Isibei_2
 旅館畑中の前を抜け八坂さんに出る。与謝野晶子の歌が過ぎる。

Takase  四条通のビルに表示された気温は「6度」と。四条の小橋から視線を下ろせば、高瀬川にも行灯が。
 つかの間のスロータイム。

« 青山七恵「ひとり日和」 | トップページ | 澁澤龍彦『快楽図書館』と吉行淳之介論 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都 花灯路:

« 青山七恵「ひとり日和」 | トップページ | 澁澤龍彦『快楽図書館』と吉行淳之介論 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ