« 今年の5冊 | トップページ | 2007年 団塊世代が定年を迎え始める年 »

2007年1月 1日 (月)

ビル・エヴァンス「ムーンビームス」(Moonbeams)

 東京で静かに迎える元旦……。何年ぶりのことだろう。
 少しずつ明るさを増す空。人もクルマも減った東京の早朝の大気は澄んでいる。

 さて、どんな音楽を流そう……。
 ビル・エヴァンスの「ムーンビームス」(1962年、リーバーサイド)をひっぱりだす。
Moonbeams  スコット・ラファロを失ったあとのエヴァンスの演奏はいまひとつだが、このアルバムの3曲目「I fall in love too easily」は、旋律が蕩々とうたいあげられ、音が自らを止揚するとでもいうべき世界が現出する。グレン・グールドがバッハやモーツァルト、ブラームスでときに切り開く世界と重なる。
 グールドがバッハの平均律クラヴィーア曲集やパルティータを録音したのも1962年ごろ。今から45年前ということになる。わたしが2人のピアニストを知るのは、それから数年後、60年代半ばなってからのことだった。

« 今年の5冊 | トップページ | 2007年 団塊世代が定年を迎え始める年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビル・エヴァンス「ムーンビームス」(Moonbeams):

« 今年の5冊 | トップページ | 2007年 団塊世代が定年を迎え始める年 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ