トップページ | 不良ロック野郎のストイシズム »

2006年4月 1日 (土)

3月の軽井沢

豊田舎サイトhttp://toyodasha.in.coocan.jp/index.htm内にあった鞍馬口風録を4月1日よりブログへ移行。

○3月26日(日)

 朝7時クルマで軽井沢へ向かう。関越自動車道・上信越自動車道を経て、碓氷・軽井沢ICで降りる。出発が遅かったので関越はずいぶんクルマが多い。

 旧軽井沢のホテルで朝食。到着したのが遅いせいで、ラウンジの客はほぼ朝食を終えそうな時間。木立の庭が見える窓際で朝食。

 旧軽井沢をぶらりとするが、昔からの店が姿を消し、「観光スポット」風の新しい店がますます増えてきたよう。大城レース店やパンの浅野屋ら昔からの店も残っているが。

P1010008_2
 スローフードを看板に掲げるレストランもあり……。
 3月の軽井沢は日曜でもまだ半分眠っていて、3月に入って本格稼動になるようだ。

 軽井沢へ出れば以前はよく出向いたセゾン現代美術館がどうなっているか、たしかめるために別荘地の千ヶ滝へ出てみる。近くのスーパーマーケットがなくなったことを、かつて江藤淳が文芸誌のエッセイで嘆いていたが、その店は閉鎖されたまま、変わらず風雨に晒されている。
 美術館もなくなってしまったのではないかと心配だったが、どうやらまだ生き残っているよう。セゾングループの危機と再編の中で閉鎖されてもやむをえないような状況なのだろうが。ジャクスン・ポロックやジャスパー・ジョーンズ、サム・フランシス、アンディ・ウォーホルらの作品が並んでいたはず。
 今年は4月から営業開始ということで、3月いっぱいはまだ門を閉じたままだ。
 雪にまぶされた浅間山が目の前にそびえる。

○4月1日(土)

 ビル・エヴァンスの「枯葉」take1。スコット・ラファロとのインタープレイは何度聴いても圧巻。休日の朝の定番。 
 武蔵野の桜は、まだ咲き始め。

P1010003

トップページ | 不良ロック野郎のストイシズム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月の軽井沢:

トップページ | 不良ロック野郎のストイシズム »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ