« 梅田望夫『ウェブ進化論』をめぐって | トップページ | 三条通 »

2006年4月29日 (土)

バーデン・パウエルの再発アルバム

 バーデン・パウエル
 10代のころ、少しギターをやっていたし、ボサノヴァも好きだったから、もちろん彼のレコードは少し持っていた。
 ギターのテクニックはしばしば“超絶的”と言われるほど凄いし、音にもパワーがあるので嫌いではなかった。「悲しみのサンバ」や「カーニバルの朝」「ジェット機のサンバ」など、ポピュラーでもあった。

 再発された「ポエマ・オン・ギター(POEMA ON GUITAR)」(MPS)。アルバムは持っていなかった。この盤を聴いて驚いた。ヨーロッパのジャズミュージシャンとの共演で、共振し乗っている。メロディに流れすぎないし、テクニックだけにも流れないし。ヴィニシウス・ジ・モラエスに捧げた冒頭の「詩人にぴったり」はjazzyでもあり、最高。
 録音は1967年11月ドイツ。東京の街も騒然とし始めていたころ。

 ジョアン・ジルベルト、アントニオ・カルロス・ジョビン、マルコス・ヴァーリ、セバスチャン・タパジョス、トッキーニョ、クァルテット・エン・シー……。そこへ、しばらく忘れていたバーデン・パウエルが再び浮上。
 ボサノヴァ、サンバに耳傾ける愉しみがまた増えた。

Powell1

« 梅田望夫『ウェブ進化論』をめぐって | トップページ | 三条通 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーデン・パウエルの再発アルバム:

« 梅田望夫『ウェブ進化論』をめぐって | トップページ | 三条通 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ