« 2011年10月 | トップページ | 2012年3月 »

2011年12月31日 (土)

「サルトルとボーヴォワール」

 イラン・デュラン=コーエン監督「サルトルとボーヴォワール 哲学と愛」が封切られていたことを知り、年末の渋谷に出かける。
 アルベール・カミュ、ポール・ニザンらもちらっと登場するが、タイトル通り、ジャン=ポール・サルトルとシモーヌ・ド・ボーヴォワールの出会いと「契約結婚」をテーマにした物語だ。
 二人はお互いに相手の恋愛を束縛せず、しかも自らの体験を偽りなく報告しあう自由恋愛の「契約結婚」を結ぶが、教え子や友人たちがからみ複雑な展開になり、ボーヴォワールの嫉妬、苦悩が中心に描かれる。彼女がサルトルの提案する自由恋愛に同意し追求する背景には、当時女性が置かれた位置への反発があった。
Sartre_2  詳細な表現は別にして映画は基本的には事実を描いている、と監督はいう。二人の交流の軌跡の詳細はわたしも知らないが、たしかに大枠はすべて事実に基づいているようにみえる。
 そして観終わって残されるのは、監督がどれだけ狙っていたのかわからないのだが、殺伐とした荒涼感だ。
 たしかに、最後は歳を重ねたサルトルとボーヴォワールが、同志として了解しあうようなシーンで結ばれる。実際そうであったろう。パリ高等師範学校のアグレガシオン試験を主席と二位で卒業した知的エリートらしく、二人が互いに生においても哲学において、刺激を与えあったこともわかる。
 それでも寂寥の感は免れがたい。それは恋愛、性愛が変転し広がっていくからではない。さまざまな嫉妬や葛藤の情が生まれるからでもない。「自由恋愛」という概念ゆえである。人格が自由な主体として自らを確立し、束縛にとらわれずに恋愛する、という哲学ゆえである。もちろん道徳主義への回帰をいいたいのではない。恋愛、性愛、情愛の本質と熱が、自由な主体確立という思考領域では掬いきれないところに存在するからだ。
 だから、(サルトルと比べると!)マッチョにみえるアメリカ人作家との性愛で、ボーヴォワールが「初めて女としての歓びを経験する」というのも、(実際そうだったのにせよ)、ありふれた「性の定型」に落ち着いているようで、いささか拍子抜けする。ただ、当時の女性の社会的束縛を解き放とうとした苦闘の軌跡ととらえる視点で観ることも必要なのだろう。

 ところで主著『存在と無』でサルトルは性的欲望について、「他人の自由な主観性を奪い取ろうとする私の根源的な試み」と定義し、それは結局、根源的な挫折に至る、ととらえている。エロティシズムについてそうとうに深く洞察したものの、伝統をひきずる西欧的知にとってエロティシズムが難所であることを、サルトルもまた示した。自由とは束縛されないことだ、という西欧的知がここでも幅を利かせている。そういう「自由」哲学の土壌が荒涼感をあとに残した。ジョルジュ・バタイユのように、エロティシズムとは死にまで至る生の称揚ととらえるほうが、西欧的知の限界を超える可能性を秘めているように思える。

2011年12月17日 (土)

今年の5作(2011年)

 振り返ってみると、今年2011年も、創世記、カント、ヘーゲル、マルクス(『資本論』『剰余価値学説史』等)、モーゼス・ヘス、マルセル・モース、鴨長明、道元、安藤昌益など、古典と接している時間がほとんどだった。3月11日の東日本大震災と原発事故とは、古典との対話のなかで考え続けてきた。それでも「浮き世離れ」が加速した感は否めない。5作も見当たらず、4作となってしまった。

◎中沢新一『日本の大転換』
 すでに本ブログに書いたとおり。日本文明の「根底からの転換」を迫る書。

◎鎌仲ひとみ 『ミツバチの羽音と地球の回転』
 映画自体は、昨年、つまり福島第一原発事故以前に制作されたものだが、3.11後、作品の重みをさらに増している。
Mitubati  中国電力の上関原発計画予定地の対岸に浮かぶ祝島島民の暮らしと反原発運動を描いたもの。島のおばちゃん、おばあちゃんたちの生き生きとした生活と闘争の活写は、女性監督だからできたのだろう。熊谷博子監督が制作した「三池 終わらない炭鉱(やま)の物語」(2005年)のときもそうだった。
 鎌仲監督のこの映画で、今でも鮮明に残るシーンがある。
 海辺で対峙する中国電力社員と島民のやりとり。建設強行を狙う中国電力社員の管理職とおぼしき人物が、祝島近くにやってきて船上から島民にハンドマイクで呼び掛ける。
 「このまま、本当に農業とか、第一次産業だけで、この島がよくなると、本当にお考えですか? 人口は年々、年々減っていって、お年寄りばかりの町になっていっていることは、皆さん自身が、よくおわかりではないかと思います」
 島民「どんだけ年寄りが増えようが、どんだけ厳しかろうが、祝島の人間は、自分たちの力でがんばっちょるんじゃ、お前らに、いらん世話をやかれんでも、ええ」
 中国電力社員「みなさんが心配しておられるような、海が壊れるようなことは絶対にありません。絶対と言ってよいほど壊れません」
 島民「中電が絶対と言って、絶対の試しはないじゃないか」
 ――電力会社社員のあまりのお節介・僭越発言には、さすがに客席から野次を飛ばしたくなった。

◎あがた森魚『俺の知らない内田裕也は俺の知ってる宇宙の夕焼け』
 これもブログで取りあげた。アルバム『俺の知らない内田裕也は俺の知ってる宇宙の夕焼け』の中でも、同名の曲が一番好きだが、「渓谷鉄道研究家になるんだ」や「霧のブロッケン」など佳曲が並んでいる。全12曲のほとんどが、あがた森魚の作詞・作曲。

◎宇野常寛『リトル・ピープルの時代』
Littlepeople  ビッグブラザー(大きな物語)が崩壊したあとの「リトル・ピープルの時代」として今日の社会を受けとめたうえで、わたしたちはどう構えたらよいのか――それが若い著者の課題である。村上春樹や、仮面ライダーなどのヒーロー番組の軌跡を辿りながら、道を探っている。村上春樹のとらえ方にはいくつか異を唱えたいところもあるが、基本的には著者の構え方を評価できるし、同意したい。
 貨幣と情報のネットワークの圧倒的な速度を奪い取り、「現実を書き換える/拡張するための想像力」を著者は訴える。このときデジタルテクノロジー界における変化に合わせて、「仮想現実から拡張現実へ」という流れに著者は光を見いだそうとしている。なかなかみえにくいのだが、これはわたしの労働論(スローワーク論)とも無縁ではないし、自らの課題として突きつけられているのだと思う。

2011年12月 2日 (金)

もう一度、吉本隆明さんの原発論

 雨が降る夕暮れ、いつも通うスポーツジムの玄関内で、母親が娘を厳しく叱っている。「なんでそんなことするのっ」とかなり強い口調だ。なにもそこまで……との思いを呑み込んで横を通り過ぎようとしたが、そのあと母親の言葉を聞き、暗然とした。「雨に濡れたら絶対にいけないって、言ったでしょ。どうして雨の中、遊んでいるの」。叱られる小学生の娘さんは、黙って俯くだけだった。
 このお母さんのことを、放射性物質に過剰だと批判することはできない。母親だって子どもを叱りたくはない。女の子のほうも外で遊んでいて、なんでこんなに怒られるんだと思うだろう。
 負わなくてよいはずの心労。いわんや、福島第一原発周辺に暮らしてきて被害に遭い、さらに避難を余儀なくされている人たちをや。

 「撃論」という雑誌3号に「吉本隆明『反原発』異論」という記事があった。吉本さんが編集者のインタビューに応えている。目次をみると、寄稿者として三宅久之、町村信孝、田母神俊雄らのお歴々の名が並んでいる。
 これまでと変わらず、「反原発」を批判する吉本さんの発言だ。計り知れない知的恩恵を受けとってきた吉本さんゆえに、逆にどうしても看過できない。以前新聞記事に触れて論じたが、もう一度。
 まず彼の論を要約してみる。

~~~~~~~~~~~~~~~
 原発は実用化するまでにおよそ100年の月日を要している。それを一度の事故でこれを放棄しようというのは、安易に過ぎる。「人間の進歩性、学問の進歩の否定」になる。
 危険度をゼロにするには、立派な囲いをして放射能を完璧に防げばいい。たとえば高さ10キロの煙突をつくり、放射性物質を人間の生活範囲にこないようにすればいい。原発の問題はお金をかけるかかけないかの問題だ。原発をやめるよりもっと出費がかかっても、技術や文明を発達させるべきだ。それが人類の特徴だ。原発をやめるのは、時代の最高の知性が考え実用化した技術、進歩を大事にする近代の考え方そのものの否定になる。
 じっくりと問題と向きあい、「賛成派は保守、反対派は革新」という単純な二元論を昇華した先でやめる結論に達したら、やめていいと思う。しかし今の段階でやめるのは中途半端で、人類の歴史を否定することになる。先の戦争の敗戦は、進歩を軽んじてきたからだ。進歩を軽んじずに、苦しくても先につなげるべきだ。
 日本人の原子力に対するアレルギーは異常だ。反対派も推進派も脅迫を使っているからだめだが、より問題なのは前者(反対派)だ。「内臓も肉体も(放射能に)当たらないようにする」「防御装置を作ってその上で原発を上手に使う」のが唯一の使い方だ。
 原発一つを廃棄するにも厖大な予算と労力が必要になる。廃棄の方法をみんな考慮したら、「それだけで神経衰弱になってしま」う。「一度発明した技術を捨て去ることはそれほど難しい」。「すでに原発というものを実用化した以上、それを完璧なものにしていく努力こそ必要」だ。
 放射能の防御装置を完備させたら「最終的には東電や政府といった国家の機構を解体して、民衆の手に委ねていく。これが重要」だ。
~~~~~~~~~~~~~~~

 いくつかの論点がある。

◎散らかしっぱなし、やりっぱなし

 吉本さんは、原発をやめることが「進歩性、学問の進歩の否定」になるという。だがこの学問、科学とは、無邪気な子どもが知的好奇心ゆえにさまざまに遊んでも後始末はしないケースの、「散らかしっぱなし」と同じだ。なぜなら、生産過程で発生する放射性廃棄物や核のゴミをまともに処理できる技術をもたないからだ。やりっぱなし、散らかしっぱなしの技術にすぎない。そこにとどまっている。行ったきりだ。帰り道がない。それは西欧的知にほかならない。手に負えないものをつくっておいて、廃棄物は知らん顔は、「人間の進歩」とは言うまい。

◎「科学・学問の進歩」

 「科学の進歩」「学問の進歩」を否定はしない(なにを「進歩」というかは別として)。だが、この「進歩」のために、一般人たちが犠牲にならなければならない理由はない。吉本さんが終始一貫してこだわってきたはずの「一般大衆」を犠牲にするいわれはない。被害を蒙るのは、どうしてもやりたい学者さんや財界人、為政者に留めておくべきことだ。それが守れないならやめるべきで、原発で働く労働者はもとより、実際に一般に被害をもたらすべきではない。他者に根底的な被害を及ぼす技術、知を「科学の進歩」「学問の進歩」とはいわない。たんなる知的好奇心のわがままにすぎまい。

◎研究と運用・実施

 たしかに吉本さんがいうように、どんな知的な好奇心、研究も力によって否定してはならない。だが、それと現実の運用(原発稼働)とは分けて考えなければならない。廃棄・処理方法がまったく確立されていないのに運用がなされるべきではなかった。逆に、そもそも廃棄や処分の方法、技術が決まっていないのだから、すでにある厖大な核のゴミについて、これからも「研究」してもらわねば困る。責任がある。

◎自然との親和性の喪失

Kouyoukyoto  放射性物質による汚染は、自然との親和性を失わせる。ここでいう「自然」とは、人間の手が及ばないような、あるいはかつてあったと夢想してユートピア風に描く自然のことではない。いまわたしたちが生きている空間としての自然だ。つまり空気であり、水であり、雨であり、土である。わたしたちはこうした自然の恩恵ゆえに生きることができている。生きることの基本を支えてくれる基礎的自然との親和が失われつつある。朝起きて、窓を開け、青空を見上げて大気を胸一杯に吸いこむ――そうした素朴な行為も「科学の進歩」の犠牲にされねばならない。
 吉本さんのように考えれば、科学や学問の「進歩」が自然を放射性物質で汚染させても、それに対抗する科学マスクや科学的水・土壌フィルター、あるいは食物の汚染を除去するフィルターを科学・学問の力で開発し、それらをもらって放射性物質から身体を守ればよい、ということになるのだろうか。仮にそれらが可能になったとしても、そうした「進歩」の技術装置を子どもたちに負わせるのか。それは進歩の転倒ではないか。
 少なくとも、放射性物質の拡散・汚染は、大気、水、土という日々刻々わたしたちを生かしてくれる自然との親和性を失わせる。その局所的現れが、原発近くに住んでいたひとたちの「故郷」からの追放にほかならない。大地、海洋、食物の汚染も同様だ。吉本さんは自動車ができて交通事故で毎年たくさんの人が死んでいるではないか、という。だが、放射性物質汚染は、それら近代技術が生みだしてきたものとは次元が異なる。中沢新一さんの『日本の大転換』のことばを使えば、生態圏の外にあったものを無媒介に持ちこんでいる。

◎「脅迫」と断じる脅迫

 吉本さんは「日本人の原子力に対するアレルギーは異常だ」という。たしかに過剰なところもあるかもしれない。だが、それはわからない、わからなすぎるからだ。その怖さはこのくらいですよ、と確定的なデータがはっきり示されれば、心的アレルギーが「異常」か否かの判断ができる。だが、まだ確定的なことがいえない。チェルノブイリ事故でもまだデータが揃っているとはいえない。十年単位、いや百年単位でみて、そのうえで「異常」かどうか判明するのではないか。
 わたしや吉本さんのように歳を重ね、もう遠からず、という人はよいが、子や孫たちに「空気や食や土壌や雨に対する警戒の必要なんてない、そのアレルギーは異常だよ、異常にすぎるよ」と言いきれるのだろうか。原発周辺から移住した人たちは、異常にすぎないのか、あるいは移住を指示したのは為政者の脅迫にすぎないのか。
 吉本さんはこういう問いかけを「脅迫」というのだろうが、わたしには子どもや孫に「そのアレルギーは異常だよ」というほうが「脅迫」のように思える。親やじいさんの気持は、吉本さん自身がよくよくわかっていることだろう。

◎民営(株式会社)が見えていない

 吉本さんはインタビューの最後に、国家消滅の方向を示したレーニンの『国家と革命』に触れている。放射能の防御装置を完備させたら「最終的には東電や政府といった国家の機構を解体して、民衆の手に委ねていく。これが重要」だと。核のゴミも含めて防御装置を完備させることができるとはとても思えないが、もし仮にできたら、東電、国家機構を解体して「民衆の手」に委ねることが重要だ、という。
 『ハイイメージ論』でも同様だが、吉本さんは今日の社会的諸関係の組み替えをまったく想定していないから、「民衆」とは具体的には民間企業、株式会社(にいる人々)だろう。
 だが株式会社は、害がなくなる百万年といわないまでも、一万年、千年、いや百年先の安全性、防御策(廃棄・処理)に厖大な桁外れな資金など投じてはいられない。いま・ここの利益を求めるのだ。そんなことをやっていたら、企業を維持できないし、株主から経営は糾弾される。適当な期間、費用で誤魔化すしかない。それは経営者の非でもなんでもない。今日の社会のもとで株式会社(民衆の手)がとらざるをえない必然だ。安全性に多少の疑義があっても、その解消に厖大なコストをかけたら赤字倒産を招くから、そんなことはしない。当面の利益、短期・中期・長期(せいぜい10年)の利益を確保しなければならないのだ。それは企業人の人間性が「悪」であるからではない。まっとうな経営者なら採算に合わない、あるいは労働者被曝は避けたいと手を引くし、なんとしても今儲けたいと必死な経営者なら、完璧な防護などできなくても「一万年安全です」と宣言して、今の利益を求めるだろう。そう強いられているのだ。そういうことに思いを致さないで、いいかえれば今日の社会的諸関係の変革に触れずに、「民衆の手」に委ねる(民営化)などあってはならないことだ。

 雑誌の編集後記をみると、吉本さんはインタビューをした編集者さんに「エセ共産主義者」への注意を喚起した様子だ。二〇世紀後半の「スターリニスト」「ソフト・スターリニスト」をいまだに対抗イメージとして『反原発』異論を主張している。たしかにいまだって、一部政治党派や知識人、メディアにはそれに該当する部分がある。けれども3.11後の原発への大衆的批判は、少なくともそんなものとは無関係だ。「賛成派は保守、反対派は革新」という「単純な二元論」なんてすでに「昇華」されている。

 老いやさまざまな病いを抱えながらも、つねに情況への発言を怠らずにいる吉本さんの姿勢には今も頭が下がる。必死で思考していると思うからこそ、そしてこれからも彼のこれまでの営為と対話したいからこそ、あえて再度批判をさせてもらった次第。

« 2011年10月 | トップページ | 2012年3月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ