« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月20日 (火)

立錐の余地もない明治公園

~「さようなら原発 5万人集会」~

 60年代、70年代、なんだかんだと、ここでの集会・デモに参加したが、これだけぎっしりと埋まり、立錐の余地もない明治公園をみたのは、初めてのことだ。公園の周囲にも、入りきれない参加者たちがたくさん溢れていた。
Sayonaranukes1  「9.19 さようなら原発 5万人集会」は、午後1時から東京・明治公園で開催。そのあと、渋谷、原宿、新宿の三ヵ所へ分かれてパレード(デモ)となったが、その出発時もまったく身動きのとれない状態が長いこと続くほどの参加数。脱原発の強い意思で埋められた。
 集会中の呼びかけ人たちの発言はあまり聞きとれなかったが、澤地久枝さんの言葉がじわりと染みてきた。

 主催者発表(6万人)と警視庁発表(2万7千人、3万人)の数値が倍以上違うのは、昔と変わらないが、今回は主催者側発表の参加者数がそうとうにリアリティをもっていた。
Sayonaranukes2  労組等のお決まり組織、団体だけでなく、広汎な市民の会、個人参加がとくに目立ち、宗教団体に至るまでじつに多彩で、若者、家族連れ、六十代、七十代に至るまで、世代もじつに幅広いものだった。

Sayonaranukes3  処理がままならないゴミを、生態圏にこれ以上増やし続けない方向にもっていくことは、これからつながれる「いのち」(類)への最低限の責務と思う。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ