« 今年の五作 | トップページ | 牛タンとジャズの夜 »

2010年12月27日 (月)

一世紀前のモダン空間 カフェアンデパンダン

Yasakanotou_2  冷えみの強い日、崇徳天皇御廟、安井金毘羅宮を抜け、八坂通から八坂の塔を見上げながら歩く。産寧坂から清水寺へ出るが、まだ修学旅行生などで参道はぎっしり。帰りは産寧坂から二寧坂、ねねの道へ。
 高台寺脇の、昔からあるお店が閉まっている。以前買った四角いお猪口をもう少し買い揃えたいと思っていたが、叶わない。店じまいしてしまったのだろうか。
 八坂神社を抜け、寺町通から三条通へ出る。

 歩き疲れたので、どこかで休みたかった。想い出し、三条御幸町東入ルのカフェアンデパンダン(CAFE INDEPENDANTS)へ。
2  毎日新聞社の京都支局として1928年に建てられた骨董もののビル。三条通には古いモダン建築物がたくさん残されているが、そのひとつ。
 京に仮住まいしているときは、結局建物の地下にあるこの店には、入ったことがなかった。

 タイルをあしらった細い階段を下りると、周囲の壁には、演劇やらさまざまなイベントのポスターが貼られ、パンフレットがずらりと置かれている。
 金属製の丸いノブが懐かしい。引っぱって戸を開ける。入ったら、中からちゃんとノブを引き寄せて締める。自動ドアではなく、「開けたら閉める」というこの感覚、いいです。

3  剥き出しの天上から暖かな色の照明が照らしているが、この空間を独特にしているのは、御幸町通側に高い窓が続き、地上の明かりが射しこんでくることだ。その光が空間に解放感をもたらしてくれる。壁はかつては白かったのだろうが、時代の流れを染みこませて、味わいを出している。タイルが並べられた床に、木製の長い板がテーブル、同じく長い木でつくられた椅子が並ぶ。自由にどのようにも座れる。
 店名にふさわしく独立系の音楽が流れ、若者たちの会話と混じり合う。

 客は若者ばかり。学生さんたちが多い。京都のカフェらしい。見回しても、オジサン(ジイサン)は私一人。
 店員さんはみな、アートとか音楽とか何かやってるんだろうな、という雰囲気。でも、ていねいな応対。夜はイベントが開催されることも。

4   席に荷物を下ろしてから、カウンターに行き注文して支払いを終える。飲み物はそこで受け取り、料理はあとでもってきてくれるシステム。
 白ワインを飲みながら、サンドウィッチランチを食す。歩き疲れているので、うまい。テーブルの古い木の質感もよい。なかなか居心地のよい空間だ。
 気持よくなりカメラを持つ手もぶれて、このとおりワイングラスも回る回る……。

« 今年の五作 | トップページ | 牛タンとジャズの夜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75319/38236848

この記事へのトラックバック一覧です: 一世紀前のモダン空間 カフェアンデパンダン:

« 今年の五作 | トップページ | 牛タンとジャズの夜 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ