« 加藤和彦さんの死 | トップページ | シモーヌ・ヴェイユの労働論 »

2009年10月30日 (金)

スコット・ラファロとビル・エヴァンス

~Scott LaFaro / Pieces of Jade~

Lafaro  HMVに注文していた「Scott LaFaro / Pieces of Jade」が届く。
 ラファロが加わったドン・フリードマン「Memories Of Scotty」の5曲。そのあとに、ビル・エヴァンスとのリハーサル音源。23分近くある。エヴァンスがラファロについて語った1966年のインタビューも収録されている。

 お目当ては23分近くあるリハーサル音源。ラファロとエヴァンスの二人がWaltsfordebby 「My Foolish Heart」を弾きながら、演奏のかたちを組みたてる様がテープに記録されていた。1960年録音なので、同曲が収録されたアルバム「Waltz for Debby」の前年ということになる。
 前半はエヴァンスが旋律をさまざまに崩して展開させる。
 中盤からは二人で特定の難しいフレーズをくり返し練習している。旋律を歌う声も重なる。
 そして最後は、ひととおりのデュオ演奏で締めくくられている。
 わたしは前半部が好きだ。アルバム「Waltz for Debby」に収められた同曲を聴き直して比べると、最終的に音を削ぎ落としてまとめられていく過程がわかる。
 インプロヴィゼーションとはいっても、基本的な構造と流れを事前にかなり押さえている。録音状態はよくないけれど、ジャズを勉強している人にはきっと大いに参考になるのだろう。

 エヴァンスの演奏がもっとも輝いているのは、やはりラファロと組んでいた時期だ。 ブッカー・リトルの1ホーンアルバム「Booker Little」が名盤として輝いているのも、スコット・ラファロの共演によるところ大である。
 改めて、25歳で夭折したスコット・ラファロの存在を思う。

« 加藤和彦さんの死 | トップページ | シモーヌ・ヴェイユの労働論 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75319/31999619

この記事へのトラックバック一覧です: スコット・ラファロとビル・エヴァンス:

« 加藤和彦さんの死 | トップページ | シモーヌ・ヴェイユの労働論 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ