« 「出版ニュース」にて紹介 | トップページ | 図書新聞に書評 »

2009年9月29日 (火)

アラン・ドロン 老いの魅力

 遅ればせながら、数年前にアラン・ドロン主演で制作されたテレビドラマ『アラン・ドロンの刑事フランク・リーヴァ』を観始めている。

 ドロンさんは一九三五年生まれだから、制作当時七〇歳少し前ということになる。そう思い映像を追うと、ドロンの老け方はじつにみごとだ。
 腹は少しだけ膨らみ、目の下に弛みもあるが(人のことは言えない!)、顎の線はしっかりしているし、渋い初老の刑事役をちゃんとこなしている。しゃがれ始めた声も渋さを増す。彼が若いころには、世紀の美男子ドロンにこういう老け方ができるとはとても思えなかったが、イヴ・モンタンの円味と穏やかさを湛えた老け方とは異なる、渋い老い美を醸し出している。

Delon1  一九六〇年制作のルネ・クレマン監督「太陽がいっぱい」は、実際に映画を観たのはしばらくあとのことだが、ニーノ・ロータの音楽には当時からすっかり虜になってしまった。青春時代に夏の海辺に出ると、この主題曲が頭のなかで必ず流れていたものだ。ラジオでは、和製編成と思われるフィルム・シンフォニックオーケストラの演奏が流れることが多かったが、やはりオリジナルサウンドトラックのほうが格段によかった。

Delon2  当時アラン・ドロンは美男子すぎて、あまり魅力を感じなかったけれども、七〇年代前半につくられた「高校教師」(ヴァレリオ・ズルリーニ監督)ではそれまでのイメージをがらりと変え、無精髭を生やして髪を乱した冴えない教員を演じていた。Delon3 北イタリアの海辺町の寒々しい映像に、メイナード・ファーガスンのトランペットソロが流れ、七〇年代という時代の感性を象徴しているように感じられた。

 さて、今回の『刑事フランク・リーヴァ』。物語の展開、リズム、映像、会話がなかなか洒落ている。やはりアメリカや日本のテレビドラマの刑事ものとは格段に違う。実生活でいい関係にあったミレイユ・ダルクさんが元奥さんとして登場するのはご愛嬌。彼女の顔はなんだか昔とほとんど変わっていないよう。

 黒い噂もパリからの風の便りで耳にするが、とにかく久しぶりにみるドロンさんの老けぶりと表情を、それなりの美学でまとめた刑事物語を通じて観られるのはじつにうれしいことだ。
 (写真=シングルレコードはポリドール、「高校教師」ポストカードは(c)TITANUS)

« 「出版ニュース」にて紹介 | トップページ | 図書新聞に書評 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75319/31567303

この記事へのトラックバック一覧です: アラン・ドロン 老いの魅力:

« 「出版ニュース」にて紹介 | トップページ | 図書新聞に書評 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ