« 笠井潔『例外社会』 | トップページ | 村上春樹と小阪修平の1968年 »

2009年4月22日 (水)

清水へ祇園をよぎる桜月夜

~京の桜~

 かつて鞍馬口通に住んでいたとき仁和寺へは、自転車で出かけるか、北野白梅町から京福北野線で御室駅で降りるルートだったが、この日は京都駅からJR嵯峨野線に乗ることに。
 本数が少ないのに驚く。30分近く待った京都駅始発の車内は、嵐山まで出かけるらしい観光客で座席はいっぱい。私の前には、ドイツ人らしい男性と日本人の高齢カップル。
 ほとんど降車する人のいない花園駅で降り、双岡と妙心寺の間の民家立ち並ぶ道を抜けて、仁和寺へ。

Ninnaji  ふだんは境内は自由に参拝できたはずだが、桜の季節になると、入山料を納めなくてはならない。
 平日でも人出は多かったが、御室桜はこの日はまだ一分先。
 金堂は桃山時代に建てられた京都御所の紫宸殿を江戸時代初期に移築したもの。桃山期らしい様式が感じられる。

Kinkaikoumyouji 桜名所はどこも人が多そうなので、次に真如堂へ向かう。荒神口でバスを降り、荒神橋から鴨川を渡り近衛通を抜けて歩き続ける。真如堂にはうまく出ず、金戒光明寺の西側に。
 真如堂、金戒光明寺、その北の吉田山周辺は、道が入り組んでいて、目的地になかなか行きづらいエリアだ。
 これもよしと金戒光明寺の境内を歩く。人がほとんどいないのが救い。

Minamiza  夕暮れ、祇園白川へ。四条大橋に立つと、南座の上に満月Sirakawa1_3 が上がる。
 祇園白川は、ライトアップの桜を見にくるガイジンさんが多い。白川沿いの料亭の灯りが夜桜に彩りを添え、その先の空には満月が。

Sirakawa2_2  清水へ祇園をよぎる桜月夜
  こよひ逢ふ人みな美しき  
     (与謝野晶子 『みだれ髪』)

 壹錢洋食のある縄手通にまでフーゾクの店が進出している。その手の看板、写真がデカデカと並んでいる。以前はなかった、と記憶している。

Goshosakura_2   翌朝、御所の近衛邸跡の枝垂れ桜へ。仮住まい時には何度か訪れた桜だが、まだ健在だった。

★京都の桜景色★

 仮住まい時代の京都、桜景色。とくに印象に残るところ。

・祇園白川から見上げる夜桜
・茶店縁台に腰掛け熱燗あおりながら眺めた円山公園の枝垂れ桜
・駒井邸近く、北白川疎水沿いの桜並木
・賀茂川堤、出雲路橋から北への桜トンネル

« 笠井潔『例外社会』 | トップページ | 村上春樹と小阪修平の1968年 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75319/29235255

この記事へのトラックバック一覧です: 清水へ祇園をよぎる桜月夜:

« 笠井潔『例外社会』 | トップページ | 村上春樹と小阪修平の1968年 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ