« 『東北からの思考』 | トップページ | 今年の幕開けはザ・ローリング・ストーンズ »

2008年12月28日 (日)

今年の5冊 2008年 

 今年も昔のものを引っ張り出して読むことのほうが多かった。ニーチェやマルクス、モーゼス・ヘス、イリイチなどなど。その中で今年の5冊。

◎入澤美時・森繁哉『東北からの思考』(新泉社)
 ブログ別ページに記した通り、今年一番の収穫。

◎宇野常寛『ゼロ年代の想像力』(早川書房)
 今年話題になった若い世代の評論。わたしがとんと疎い若い世代が負う情況と課題がみえてくる。

◎池田知隆『団塊の<青い鳥> ~戦後世代の夢と希望~』
 還暦を迎え始めた団塊世代38人の軌跡と今をていねいに辿ったものだが、全共闘運動について改めて問う書でもある。

◎堤未果『ルポ 貧困大国アメリカ』 (岩波新書)
 丁寧な取材を通じてアメリカの資本主義社会の現状をよく伝えている。

◎福島泰樹『無聊庵日誌』(角川書店)

Buryoan_3  著者25作目の歌集。取材したとき招いていただいた無聊庵がタイ トルに冠されている。

 味わい深い近年の歌が並んでいるが、その中から三首。

  小市民の哀感ここに極まりて
    生きるばらばら死するばらばら

  反復とはあまきリフレイン憂愁の
    キルケゴールの哲理なりしが

  百日紅おれも滑りて咲く花の
    しどろもどろの朝の四次元

◎コンサート・フォー・ジョージ(CONCERT FOR GEORGE)

 ひとつおまけでDVD。
 なにごとも数歩遅れる小生。このDVDは数年前に出されたものだが、この秋にレコファンで入手。
Concert_for_george  ジョージ・ハリスンが亡くなった翌年2002年に行われた追悼コンサートの模様を収めたもの。エリック・クラプトンが主催し、息子のダーニ(お父さんにそっくり!)はじめ、ポール・マッカートニーリンゴ・スター、ビリ・プレストン、ジェフ・リンらが揃い、ジョージの名曲を歌う。
 圧巻は、「While My Guitar Gently Weeps」。リンゴのドラムスを背に、ポールとクラプトンのヴォーカル、そしてクラプトンのギターが泣く。CDではずいぶん聴いていたが、こうしたライヴは、映像でみるとますます胸が熱くなってくるのを抑えることは難しい。

« 『東北からの思考』 | トップページ | 今年の幕開けはザ・ローリング・ストーンズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75319/26571102

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の5冊 2008年 :

« 『東北からの思考』 | トップページ | 今年の幕開けはザ・ローリング・ストーンズ »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ