« 信州の鎌倉 ~別所温泉へ~ | トップページ | 『団塊の<青い鳥> ~戦後世代の夢と希望~』 »

2008年11月29日 (土)

ザ・ゴールデン・カップス ライヴスペシャル2008

~デイヴ平尾追悼~

Kourakuen_2  11月28日、カップスのライヴが後楽園JCBホールで。
 本来デイヴ平尾さんも当然出演する予定だったのだが、急逝し、彼を追悼するライヴに。

Cupslive Ⅰ部は、元ガジャーズ、元オックスのヴォーカルさんらも登場したが、向いている音楽の方向が全然違っているので、懐かしくはあるが、戸惑うしかなく……。
 でも、ブルーコメッツの三原綱木さんはそれなりにしっかり筋が通っている。
 (写真は開演前の会場)

 Ⅱ部。カップスの登場。
 舞台中央、デイヴ平尾さんの立つべき所は空いたまま。
 エディ藩、ルイズルイス加部、ミッキー吉野、マモル・マヌー。そして中村祐介らのサポートプレイヤー。
 デイヴなきライヴを引っ張るエディ藩さんは歌も演奏もますますのっている。ミッキー吉野さんのキーボードも変わらずさすが。発言はほとんどせず淡々とベースを弾きルイズルイス加部ちゃんも味わいがある。ドラムスの席に座りながら小さく叩くマモル・マヌー氏。声に昔の面影が。

 途中でデイヴと交遊の深かった井上堯之さんが登場し、歌とギター。

 カップスのサウンドは今日聴いても凄い。いや、今日このように演奏できることが凄い。懐メロではなく現在のサウンドとして、しっかり屹立している。そんなエディ藩、ルイズルイス加部、ミッキー吉野、マモル・マヌーらを集めたのは、なにはともあれリーダーだったデイヴ平尾さんの力だろう。
 わたしのような素人にも、カップスと他のGSグループの違い、ルーツの違いが時を経るごとに、一層鮮明にみえてくる。

 かつてのカップス時代、演奏中に殴りあいも演じたマモル・マヌーとエディ藩の両氏も互いにぼそっと声かけあうなど(今ではけっこう仲がよいらしい)、いっときの熱い時空を共有した仲間が40年のちに一堂に会するのはしみじみすることでもある。

 もうひとつ。歳を重ねることが心と身体にもたらす(蓄積する、喪わせる)力についても思いを巡らす。そこに潜む残酷も含め、拒絶しようとするのでもなく、逆にずっぽり受容しようとするのでもなく、静かに受けとめるしかない。

« 信州の鎌倉 ~別所温泉へ~ | トップページ | 『団塊の<青い鳥> ~戦後世代の夢と希望~』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75319/25746053

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ゴールデン・カップス ライヴスペシャル2008:

» 【カップス】についてブログの検索結果をまとめると… [最新キーワードチェック!]
カップス についてブログの検索結果をまとめると… [続きを読む]

« 信州の鎌倉 ~別所温泉へ~ | トップページ | 『団塊の<青い鳥> ~戦後世代の夢と希望~』 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ