« 沢田研二と山下敬二郎 | トップページ | 「ゴーシュ」と茂田井武 »

2008年10月25日 (土)

「現代思想」8月臨時増刊「吉本隆明 肯定の思想」

Gendaisisou_2  おそまきながら、「現代思想」8月臨時増刊の「吉本隆明 肯定の思想」。
 うしろにたくさん並ぶ吉本論はおいて、冒頭の吉本さんインタビュー「肯定と疎外」はなかなか充実している。ここしばらくいろいろなメディアで語っている中でも、出色のものではないか。
 過去の著作や発言を振り返っているところは、これまでもおおよそ触れられてきたところだが、さらに踏み込んだ発言があり、驚くところもある。花田清輝、三浦つとむらへの感慨にも、ほう、という感じがある。

 なかなか突っこんだ内容になっているが、これは聞き手である高橋順一さんの力に負うところが大きいに違いない。語っているのは吉本さんだが、問いと展開、まとめ方でそうとうにていねいに力を注いだことがうかがえる。
 それに呼応するように、吉本さんもしっかり発言している。

 ここで、吉本さんは現在の病理に触れている。
 第一次産業革命期に膨大な産業規模が大きくなったのは蒸気機関のおかげだと一般経済学者は考えたが、マルクスとエンゲルスはそれに替えて肺結核の蔓延を挙げた。つまり労働者の長時間労働によることをそう表した。これを受けて、吉本さんは、第二次産業革命期の現在蔓延しているのは、肺結核ではなく精神病だ、と。そうなのだと思う。

 昨今の様々な事件に触れて、精神疾患と「正常な人間」の区別が不明瞭になっていることをだれも言ってくれない、とも不満ももらしている。

 吉本さんは産業の一循環の速度が人間心理の速度を規定する、とも指摘している。おそらく『ハイイメージ論』あたりを踏まえてのことだろう。
 教えられた上でわたしなりに言い換えれば、産業の一循環の速度というより、資本が自己増殖する運動の速度とでもいうほうがぴったり来るようにみえる。それが、心の病いを蔓延させ、社会の疲弊と混乱を深めているのだと。

« 沢田研二と山下敬二郎 | トップページ | 「ゴーシュ」と茂田井武 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75319/24734338

この記事へのトラックバック一覧です: 「現代思想」8月臨時増刊「吉本隆明 肯定の思想」:

« 沢田研二と山下敬二郎 | トップページ | 「ゴーシュ」と茂田井武 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ