« マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶 | トップページ | 『ハイイメージ論』と対話して »

2007年5月12日 (土)

国立新美術館のロゴで立ち止まる

Img_0967  ポンピドー・センター所蔵作品展(「異邦人たちのパリ」)を観に出かける。場所は六本木に新しく建てられた「国立新美術館」だ。初めて入る(そういえばポンピドーさんはたしか1968年当時ドゴール体制下の首相として、パリ5月革命を抑えにかかった政治家でもあったような。フランスも政治家の名前を冠すること、好きですね)。

 乃木坂駅を降りて地下の道を進むと、案内表示が。目に入るそのロゴデザインらしきものがどうもひっかかる。
Img_0972  座りがよいとは言えないし、といってそのアンバランスが別のなにかを生む効果があるわけでもない。むむむ……。これ、どこに置いてもなかなか難しそうだ。そう感じるのは私一人だろうか……。

Img_0979  「異邦人たちのパリ」を観たあと、口直しとミーハー根性で、夕暮れ、すぐ近くの東京ミッドタウンへ。
 六本木ヒルズのような、これ見よがしの“成金”“最先端”趣味は抑制されているところに、少なくともヒルズよりは好感がもてそう。
Img_0987  安藤忠雄さん、イッセイミヤケさんらが手がける「21_21DESIGN SIGHT」を覗く。 Img_0990_1

 夕食をとろうとミッドタウン内を探すがどこも満員。
 フランシス・コッポラの名を冠したコッポラズヴィノテカもある。両側にワインボトルがぎっしり並ぶほの暗いエントランス。そこをしずしずと抜けて店内に入ってみると、こちらも予約満員とのこと。
 結局六本木交差点近くまで出て香妃園へ。

 さて、あの「新美術館」のロゴデザインはいったいどんなお方が手がけているのだろうと、帰宅してからネットで調べてみた。
 建物の設計は黒川紀章御大だとわかる(書き出すと長くなりそうなので、黒川さんについては省略)。
 でロゴデザインは、「今をときめく」佐藤可士和さんだそうだ。業界ではなにかと話題の方のよう。
Logo  「『新』という日本語をモチーフに『新しさ』『先進性』『独創性』『進化し続ける精神』を象徴した表現をしています」とのこと。
 漢字を用いることに異論はまったくない。でも、そのデザインが……。散漫で情けない感じが、「新しさ」「先進性」「独創性」「進化し続ける精神」を示しているのだろうか。わたしには、どうしてもそうは見えない。むしろ「新しさ」が必ずしも「進化」を意味しないことをあたりまえに証左しているようでもある。現在を超えようとする運動として芸術はあるだろうが、そもそも「進化」なんてないのだし。

 アートディレクターとしては、なにはともあれ目立たせなくてはならないのだろうが、こういうふうに目立っても……。国立だからお役人さんもよしと判断したのでしょうが、このロゴデザイン、ずうっと固持するつもりなのだろうか。

« マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶 | トップページ | 『ハイイメージ論』と対話して »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75319/6388313

この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館のロゴで立ち止まる:

» 東京ミッドタウン [東京ミッドタウン]
東京ミッドタウンのコッポラズヴィノテカについて。RSS取得のためトラックバック送信させていただきました。 [続きを読む]

« マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶 | トップページ | 『ハイイメージ論』と対話して »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ