« 「MAI 68 展」 | トップページ | 団塊世代像と世代責任論 »

2007年1月27日 (土)

『恋人たちの失われた革命』

~フランスの団塊(ベビーブーマー)世代監督が描く1968年~

○パリ5月革命

 フィリップ・ガレル監督の2005年制作作品。東京都写真美術館ホールにて。
Koibitotati  1968年パリ。二十歳の詩人フランソワを中心に当時の若者が描かれる。当然五月革命の渦中にある。
 アパルトマンの螺旋階段を上がるシーンから始まるのは、『夜風の匂い』と同じ。
 街頭の戦闘シーン。機動隊に追われ、そのあと後退を余儀なくされる。街頭からアジトのようなところに逃げ込む若者たち。パーティやドラッグ、創作活動、恋愛が描かれる。

 そして翌69年――五月革命が頓挫したあとの倦怠ともいうべき状況。
 えんえんと描かれる退潮期のわかものたちの姿。ドラックにおぼれるシーンが多すぎるのが気になる。
 フランソワと恋人リリーが中心に物語られるが、物語性をかなり削ぎ落としてぶっきらぼうに突き出されていて、長い時間のその描写は悪くない。たぶん、モノクロームの触感とカメラワークの役割が大きいのだろう。
 そして、絶えず聞こえるフランソワの少しつらそうなひそかな呼吸の音。たまに数小節ほど流れるピアノの音……それらの響きは巧みだ。

 そして、恋人リリーがついに離れていき、フランソワは自ら命を絶つ。
 ガレル監督は、『夜風の匂い』でも最後にダニエル・デュパルを自殺させていた。
 68年当時は二十歳だったガレルさん、『夜風の匂い』でも明らかだが、68年にはこだわり続けている。物語を死で区切りつけたいのは、死んだ仲間へのオマージュなのだろうか。

○ゴダールの影

 演技らしからぬやりとりがなかなかよい。フワンソワのおじいさんと食事のシーンがある。これはガレルの実の親父さんらしいので、まあ、ほんとうのじいさんと孫が映画上でも同じ関係を演じていることになる。演じているというより、実際のやりとりそのままの雰囲気だ。
 どうやらガレルさんは、ゴダールの影響を大きく受けているようだ。
 たとえばリリー(クロティルド・エスム)が二度ほどだったか、フランソワとの会話の途中でカメラのほう(つまりこちら)を見て、話し始める。ゴダールの手法を採りいれている。
 彼自身、ゴダールを師と仰いでいるので、なるほどと思うのだが、このフィルムはゴダールの『男性・女性』(1965年)と似ている。ゴダールの作品ではジャン・ピエール・レオとシャンタル・ゴヤら数人の若者たちの生と恋が描かれた。その舞台は、60年代半ばだったが、その彼らを、数年後の68年、革命の場に放りこんだのが今回の作品と言ってもよさそうだ。

○後退する情況の陰画

 冒頭の、街頭でしばらく続く戦闘シーンは、日本の場面と異なるようで、どうも警察側との対峙としてなかなか想定しにくい。軍隊が使いそうな大砲すら登場する。だが、ガレルさん自身が当時居合わせていて撮影したのだが、その映像をなくしてしまったらしく、頭に刻まれていたシーンなのだろう。

 さて、当時のことをまったく知らない世代がこの作品を観ると、どうなのだろう。68年の5月革命って、ドラッグと自由恋愛(死語かな)なの? なんで警察に火炎瓶や石を投げる必要があるの? ……という疑問を抱くことになるだろう。
 闘争や革命についてのことばはほとんど語られない。68年5月のあと、労働者が継続せずに闘いをたたんでしまったことを悔しがることばが若者の口からぽろっと出てくるくらいだ。
 立ち上がらない労働者。あるいは一度立ち上がったがすぐに矛を収めた労働者組織。徴兵召集(これは大きいが)、街頭戦で大砲を撃つ警察隊や、押し寄せる機動隊、裁判所風景……権力の強権性を示すシーンは登場はするものの、情況との対峙が作品として鋭く描かれているとは言えない。
 だから、監督が意図としたかどうかは別にして、労働者が当時引いてしまった情況の陰画の役割をも果たしている。少し甘さに流れていて、そのあたりが残念ではある。
 でも、ベルトリッチが同じ舞台を描いた『ドリーマーズ』よりはずっと時代の、ざらりとした感触をみごとに描いていることはまちがいない。
 そして1960年代後半、世界的に発生した運動とその体験にこだわり続けているものが、当然のことながらフランスで今も作品をつくり続けているということ。その世代がたとえ60代になろうが、その意味を問うことは、現在の課題とも重なる作業だと思う。

 字幕が読みにくくて、1/3くらいはセリフがわからなかったが、それは別として、ハリウッド映画のように、時間と金を返せとはまったく思わせない、フランス映画ではある。

« 「MAI 68 展」 | トップページ | 団塊世代像と世代責任論 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75319/5097961

この記事へのトラックバック一覧です: 『恋人たちの失われた革命』:

« 「MAI 68 展」 | トップページ | 団塊世代像と世代責任論 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ