« 奥田瑛二「長い散歩」 | トップページ | ビル・エヴァンス「ムーンビームス」(Moonbeams) »

2006年12月24日 (日)

今年の5冊

 今年もあと1週間ほど。そこで今年の5冊。

◎小阪修平
思想としての全共闘世代』(ちくま新書)

 なんといっても今年一番の収穫(9月8日当コーナーに掲載)。
 「経験史」でありながら(だからこそ)、現在の課題をも示している。

◎吉本隆明
甦るヴェイユ』(洋泉社新書)

 単行本が出たのは1992年のこと。だが、なぜか読んでいなかった。その前に大和書房から80年代後半に刊行されていた「全集撰」に差し込まれていた月報に連載され、断片は目にしていたが、入っていくのが重すぎる印象を持っていたからだろう。
Weil  今回新書として刊行されたのを機にきちんと読んだが、ずいぶん力のこもった書だ。
 労働、死、信仰をめぐり、シモーヌ・ヴェイユ思想にたいし共鳴しつつも厳しい批判が、哀感を滲ませながら展開されている。
 たとえば以下のようなフレーズがある。

=======
 死は平等で、無価値だ。自然死を最良においた中世日本のひとりの思想家は偉大で懐かしい。犠牲死のほうが自然死よりも意味があり、また価値があるかのように触れてあるく三百代言たち。自己抹殺の理念のほうが自然死の理念より価値があるかのように言葉を駆使するシモーヌ・ヴェイユ。この思想家はほんとの悲劇だ。そしてほんとに根拠がある病気だ。
=======

 厳しいことばが並ぶけれど、これが、工場労働者として倒れるほど働き、レジスタンス運動に身を挺したヴェイユへの、遅ればせながらもほんとうの餞になるのだろう。

◎梅津時比古
天から音が舞い降りてくるとき~音楽の彼方にあるものにⅡ~』(東京書籍)

 クラシック分野で音楽評論を続ける著者が、毎日新聞に連載したコラムを集めたもの。 とりあげられるのは、バッハやモーツァルト、シューベルト、サティらの西洋作曲家だけではない。中田喜直、武満徹ら日本の作曲家、東西の演奏家にまで広がる。さらに、クラシックだけではなく、ビートルズやゴールデン・カップスなど、ロックのミュージシャンにまで及ぶ。また、音楽のみならず、ボッティチェッリ、シャガールらの絵画、写真にまで評論の対象は伸びている。
 じつに幅広いジャンルから、音と言葉、色合いにまつわる作品が採り上げられているのだが、そこには著者の哀しみと慈しみを含んだ眼差しがつねに感じられる。哲学的箴言とでもいうべきフレーズもさりげなく散りばめられている。
 意表を衝かれることもある。たとえば、ビートルズのジョージ・ハリソンを、シューベルトやピアソラに二重写しにする。ジョンレノンの曲作りとシューベルトのそれを並べてみる。
 石原慎太郎の初期の短編「鴨」にまつわる話など、ぐっと引きこまれる。音楽評論というカテゴリーにとどまらない、著者の力量をうかがうこともできる。

 復活したゴールデン・カップスのライブに接してつぎのように書いている。

========
 三十年以上たって先日、六本木のライブハウス「BOLD」の片隅で、カップスを聴いた。入院中のルイズルイス加部以外は、ボーカルのデイブ平尾、リードギターのエディ藩、キーボードのミッキー吉野、ドラムスのマモル・マヌーとそろっていた。
 基本の線がぴしりと合っていることに改めて驚いた。その上に、自在の遊びがあった。ボーカルに味がにじんでいた。エディ藩のリードギターが、面白い音を発見しつつ決して誇張せず、見せようとせず、音自体が求めるイメージを、遠い憧れのように、大切に追っていた。音の質を求めるこの姿勢は、アラウが音を慈しむ姿勢と変わりない。
========

 静かにできる正月にDVD「ワンモアタイム」を再び流してみよう。

◎ジョルジュ・バタイユ(中山元訳)
呪われた部分 有用性の限界』(ちくま文庫)

 二見書房版などで拾い読みしていたが、中山元さん訳のちくま学芸文庫版が2003年に出ている。労働論を考えていた今年、再読。
 まだしばらくはバタイユさんと向きあう必要がありそうだ。

◎杉田俊介
フリーターにとって「自由」とは何か』(人文書院)

 初版は昨年秋らしいが、読んだのは今年に入ってから。このところ働くことについて考え続けてきたので出会った本だ。若い世代のフリーター論。
 フリーターという層のあり方を通じて、正規雇用、非正規雇用を貫く、労働が抱える問題の核について迫ろうとしている。
 フリーターからの告発という立場に終始するのではなく、問いを自らに戻しもする。アジテーション風にすぎるところもあるけれど、刺激的ではある。

« 奥田瑛二「長い散歩」 | トップページ | ビル・エヴァンス「ムーンビームス」(Moonbeams) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75319/4657684

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の5冊:

» 【裏】作曲の王道 スイングは強力。でも「省エネ」なジャズピアニスト。 [(裏)作曲の王道 ジャズ & ポップス・レビュー]
New! ●第21回-ジャズ カウント・ベイシー/カンザス・シティ・セヴン ~スイングは強力。でも「省エネ」なジャズピアニスト。~ [続きを読む]

« 奥田瑛二「長い散歩」 | トップページ | ビル・エヴァンス「ムーンビームス」(Moonbeams) »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ