« 「枯葉」Autumn Leaves | トップページ | ザ・ビートルズ「LOVE」 »

2006年10月31日 (火)

「蟻の兵隊」そしてクリント・イーストウッド

○あまり気がすすまないまま上映会へ

 誘いを受けて「蟻の兵隊」という映画の上映会に出かけた。少し前、地域のホールで土曜日の夜のこと。

Ariheitai

 敗戦後、中国山西省に残留させられた兵を「蟻の兵隊」と言うそうで、紹介の文にはだいたい以下のように書かれている。

=====
 中国国民党と中国共産党の内戦状態の中で、国民党系軍閥は日本軍の武力を望み、日本軍の首脳に、彼らの戦犯免罪を条件に、日本軍人の残留を要請し、軍の首脳の命令で2,600名の日本兵が残留させられたという。
 中国内戦に巻き込まれ、内550名の犠牲者を出し、共産党が勝利を収めたあとは「戦犯」扱いを受け、帰国した最後の人は昭和39年になったという。
 昭和31年の衆院調査特別委員会で、軍首脳は、兵士は自らの意思で残留したのであって、命令していないと陳述し、そのため、軍人として受けられる戦傷、戦病、恩給等の補償の対象外とされた。
=====

 その蟻の兵隊のひとり、現在80歳の老人・奥村和一さんが軍首脳による「売軍行為」を暴こうと執念を燃やし続ける生活を描いたのが、映画「蟻の兵隊」だ(池谷薫監督)。
 パンフレットのようなものを読み、政治的プロパガンダのような映画だったら観たくないなあ、と思っていた。とくに日本軍兵士の被害面を描いたものってどうなんだろう……と。
 だがそれは杞憂で、なかなか深みをもった映画だ。

○被害者であり加害者であり

 主人公である奥村和一さんの体内には今も無数の砲弾の破片が残っている。そんな彼が、自分たちが命令を受けて残留させられた事実を探しに、中国の戦地を訪ね、資料調査、そして現地での聞き取りを行う。
 結局、幹部は上手く立ち回り中国国民党の軍閥と交渉し、一部兵士らを協力兵として残し、それをもって戦犯免罪を得て帰国している。そういう裏取引の材料とされ一般兵士が中国内戦で犠牲になったり、戦犯扱いで帰国が遅れたり、帰国しても軍人としての補償すら受けることができない。
 政治家や軍幹部は「正義」や「大義」を持ち出して兵隊を動かし、局面が変われば自分の保身を最優先にして、末端の兵士・部隊を見殺しにする。それは昔も今も、どこの国でもまったく変わらない光景だ。
 この映画も、そのことを生々しく教えてくれる。

 そしてこの映画に深みをもたらしているのは、その兵士たちが日本軍幹部から売り渡された被害者であるだけでなく、中国において日本軍兵士として歴然と加害者としてたいへんな行為をしてきたことをも、奥村さんの姿を通して明らかにしていることだ。
 初年兵たちに兵士としての教育を施すために、中国の民間人、あるいは軍関係者(いずれにせよ、中国軍兵士ではない人間)を銃剣で突き刺す行為を、上官が命じ、実行させている。その現場を奥村さんは訪ね、自らの行為をも抉り出す。
 現地に赴き、日本軍による銃剣処刑シーンの目撃者を探し出す。居合わせて処刑を免れた中国人と向かい合ったとき、ついつい奥村さんは詰問調になりその声は強くなる。抑えられない怒りが当の中国人に向かう。それは若いとき体に染みついた、中国人への日本兵の態度が抜けていないことを物語ってもいる。そこに自らの行為への怒りも重なっている。
 映像は倫理主義を超えたところで、奥村さんの実像を描いている。
 あるいは民家に押し入られ日本軍数名に強姦された中国人女性の証言も挿入されたりする。

○政治家と兵士

 どんな戦争だって、「大義」「正義」が高々と掲げられる。そして、政治家や一部の軍幹部、さらには戦争で利潤を吸い上げる一部経済屋がほくそ笑み、現場・末端兵士たちは戦場で残虐になり(ならざるをえず)、殺し合いを演じさせられる。

 最近クリント・イーストウッドさんの発言を耳にした。
 太平洋戦争末期の硫黄島攻防戦を描いた映画「父親たちの星条旗」の監督をしている彼がルモンド紙で戦争観を語っている。
「ずっと前から、そして今も、人々は政治家のために殺されている」「政治家たちは最前線にいる者の運命より、自らのちっぽけな権力を行使し、保持することに関心がある」
 けだし、名言だ。
 時代が変わりどんなにソフィストケートされようが、戦争の言説と構造は昔も今も変わりはしない。

« 「枯葉」Autumn Leaves | トップページ | ザ・ビートルズ「LOVE」 »

コメント

5/24に試写会に行きました。

最近、この映画の最も印象的なシーンに登場した宮崎元中佐が亡くなりました。映画に間に合ってよかった、とつくづく思う。あのシーンがなかったらこの映画のボルテージが半減します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75319/4015501

この記事へのトラックバック一覧です: 「蟻の兵隊」そしてクリント・イーストウッド:

» 蟻の兵隊 [ショウビズ インフォメーション]
池谷薫監督 戦争の被害者で加害者でもある奥村が『日本軍山西省残留問題』の真相を解明しようと孤軍奮闘する姿を追ったドキュメンタリー。 多くのドキュメンタリー番組演出を手掛けてきた池谷薫が監督。 2002年初監督作『延... [続きを読む]

» 【中国と日本】中国の蝋月(竈王翁) [中国からみた中国と日本の違い]
 漢民族の春節期間は比較的長く、祝日の雰囲気は毎年の蝋月(旧暦の12月)八日からだんだん盛り上がり、正月(旧暦の一月)十五日の元宵節で終わります。蝋八(蝋月の八日目)は多くの地方で「蝋八粥」を食べる習慣があります。最初はお釈迦様の悟りの日を記念して始ま...... [続きを読む]

« 「枯葉」Autumn Leaves | トップページ | ザ・ビートルズ「LOVE」 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ