« 「倫理性」に収斂されることについて | トップページ | アメリカへの屈折 »

2006年8月 6日 (日)

Eldissa

Eldissa  海へ出て沖のほうまで泳ぐ。仰向けに寝て、さざ波を耳元に忍びこませながら深呼吸をして体と海を溶かす--夏の海に出かければこうするのがいちばんの楽しみだが、今年はどうも海へ行けそうにない……。
 でも夏はボサノヴァに限る。今年は「Eldissa」。
 フランスのレーベルから最近発売されたアルバムなので、ブラジルあたりのサンバ、ボサノヴァとは味わいが少し違うけれど、各曲とも楽しませてくれる。
 ビージーズの「ステイン・アライヴ」、アバの「ギミー!ギミー!ギミー!」はじめ70年代、80年代のヒット曲がボサノヴァ風にアレンジされている。ヴォーカル、ギターもいい。寄せる波の音もときに流れてきたりして。

« 「倫理性」に収斂されることについて | トップページ | アメリカへの屈折 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75319/2952607

この記事へのトラックバック一覧です: Eldissa:

« 「倫理性」に収斂されることについて | トップページ | アメリカへの屈折 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ