« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

『二十一世紀の資本主義論』でたじろぐ

○「人間は一度として中心になかった」

 少し前に触れた岩井克人さんの『二一世紀の資本主義論』(ちくま学芸文庫)を読み進める。
Iwaisihonron_1   すると、別の論文で岩井さんはこうも書いている。「『人間』は、この資本主義の歴史のなかで、一度としてその中心にあったことはなかった」と(「資本主義と『人間』)。 これはどういうことだろうか。

 産業資本主義勃興期、アダム・スミスは富の創造者を、遠隔地との価格差異を媒介にして利潤をかせぐ商業資本主義活動にではなく、産業資本主義のもとで汗を流して働く人間に求めた。岩井さんによれば、以降経済学は「人間」を中心に展開されることになる。
 リカードやマルクスは、商品の交換価値がその生産に必要な労働量によって規定されるとする労働価値説を唱えた。労働者が生産する剰余価値こそ、産業資本主義の利潤の源泉と。「労働する主体としての人間」にリカードやマルクスは利潤の源泉を求めた。

 しかし今日のポスト産業資本主義のもとでは、商品の価値はそれに投下された労働の量によって決められるわけではない。差異こそが商品の価値となる。差異が利潤を生みだす。「労働する主体としての人間は、商品の価値の創始者としても、一国の富の創始者としても、もはやその場所をもっていない」
 かつて産業資本主義の時代には、労働生産性と実質賃金率の二つの異なる価値体系に差異があり、それが「人間」という労働する主体の存在を措定させ、マルクスを錯覚に陥らせたのだと、岩井さんはいう。
 マルクスは商品の物神化を暴いたつもりだけれども、じつはマルクスやリカードが措定した「主体としての『人間』とは、まさに物神化、いや人神化の産物にほかならない」と。
 ここで、岩井さんは、主体としての「人間」はまさに物神化、人神化の産物だとしたうえで、つぎのようにしめくくる。
=======
「人間」は、この資本主義の歴史のなかで、一度としてその中心にあったことはなかった。
=======

 岩井さんは、商業資本主義であれ、産業資本主義であれ、そしてポスト産業資本主義であれ、差異こそが利潤を生み出すのであって、利潤の源泉は差異であり、人間の労働が利潤を生み出すのではないといいたいのだろう。
 利潤、そしてその源泉である差異を生み出すために、人間は存在していた。だから一度として、資本主義の歴史のなかで、その中心にいたことはない、と。

○中心にないけれど「自由」?

 ところで、すでにみたように、岩井さんは一方では資本主義を抑圧することは自由を抑圧することだと断言する。資本主義のもとでこそ自由は保障されているのだとしている。一度として人間が中心にあったことのない資本主義こそが自由を保障するとしている、ということになる。
 つまらない揚げ足取りをしたいのではないが、この矛盾をどう受け止めればよいのだろうか。
 結局、中心になく強いられている、あるいは踊らされている、あるいは利潤創出のために仕えている人間の活動であっても、岩井さんはそれを「自由」と呼びたいのだろう。わたしなら恣意性といいかえるのだが。

 彼はマルクスらの労働価値説を批判する。資本主義における利潤の源泉は、労働にはないと。マルクスらは主体としての人間を措定して、人神化してしまったととらえる。
 ここでわたしがあえていっておきたいのは、利潤ではなく生産物をつくり出すのは人間(経営者、労働者)だということ。利潤は差異がつくり出すかもしれないが、生産物は人間がつくりだす。じつにあたりまえにすぎることだが。
 もちろん近代的な主体としての人間を措定することは避けたい。主体としての人間なるものに幻想をもつことは避けたい。それは二〇世紀にいやというほど血を流して、人間が学んできたことだ。
 しかし他方、資本の自己増殖運動がそうした惨劇を背後から否応なく突き動かし演出してきたこともまた間違いない。二〇世紀の百年間を経て多数の血を流しながらも、ひとはそれを克服できなかった。

 一度も中心に位置したことのない資本主義のもとでこそ人間には「自由」があるという。岩井さんはこれを逆説と意識しているのかどうか。その心の底には、論の矛盾を抱えてまでそういいきりたい断念が流れているのだろうか、とあえて深読みしようかとも思ったのだが、それは的外れなことだろう。

雨に煙る鴨川

 仕事の関係で若い二人の結婚式に参列。
P1010014  北山の教会で式を挙げたあと、四条のリバーオリエンタルで披露宴。
 四条と五条の間、松原橋の袂近くにあるリバーオリエンタルといえば、むかしは鮒鶴と呼ばれた料亭旅館。木村英輝さんの絵もドカーンと置かれている店だ。
P1010042

 その三階の、かつてなら大広間と呼ばれたろう広いフロアで華やかに。
 素敵な新郎と新婦……新しい門出を祝す。結婚式とはいつ参列してもいいものだ。

P1010047  4階のテラスから接する鴨川を眺めると、いつになく増水している。こんなに水が豊かな鴨川を見るのは初めて。

2006年7月22日 (土)

『遙かなるゲバラの大地』

○『遙かなるゲバラの大地』

Toi2  戸井十月さんの新刊『遙かなるゲバラの大地』(新潮社)を読む。

 五大陸走破行の第4弾、南米大陸3万キロをバイクで走り抜ける120日の旅。チェ・ゲバラに魅せられた男は、今回の旅では、ゲバラが殺された村と、のちにゲバラが埋葬されていたことが発覚した場所の二ヵ所だけは訪ねようと決めていて、あとは旅の中で行程を考える4ヵ月の旅。
 旅の途中で人と出会い交流し、大自然そして厳しい状況の中で自分と向きあう。なかなか読ませてくれる。
 出会った人々の表情、戸井さんの立ち姿、大自然……本文中に差しこまれた写真もそれぞれよい。

○雨に濡れたお濠端の緑眺めながら

 その戸井十月さんに数日前、初めて会う。仕事でのインタビューだ。
 同じような業界にいたのだし、すれ違っていた気もするが、ちゃんと会うのは初めて。
 お濠端、窓の広いラウンジ。お昼時の客も去り、静かな空間で、50代後半の二人の男が梅雨に濡れた緑を眺めながらの対話。
 元祖“チョイ不良(ワル)オヤジ”風だが、市民社会内的な“チョイ”なんてところを超えたところに、この人の魅力がある。弛みの感じられない顔だが、年を重ねて優しさと深みもたたえている。
 挨拶をした直後からすうっと入っていける、男が惚れ惚れするような渋い男。いい歳の重ね方をしていることがすぐにわかる。

 さて、五大陸走破の最後、ユーラシア大陸はいつ実行するのだろうか。それは記事をお楽しみに。

2006年7月16日 (日)

自由と恣意

 昨秋につづき秋田県大館へ。
 大館にはいくつか金山があったよう。その中でも知られるのが大葛金山だ。比内のお寺さんに聞くと、大葛の町にはかつて映画館が3軒もあったそうだが、栄えたのは昭和20年ごろまでで、いまはその面影はないよう。
P1010068   米代川沿いの比内には、お寺がいくつか並んでいる。浄土宗、曹洞宗、浄土真宗等。みな、金山の仕事をしに集まってきた人たちのために設けられたものだろう(写真は比内にある地主門。明治中頃に建てられたもの)。
 訪ねたお寺さんは、400年以上の歴史を刻むらしいが、戊辰の役で寺は焼けたという。

 帰りに大館駅に出る。かつて賑わった商店街はさびれ、半分以上店舗のシャッターが降ろされている。中心にあったデパートの店じまいも影響しているよう。ひとの動きは、他の町と同様、むかしながらの商店街から郊外店にクルマでのショッピングへと移行している。

 帰途の車中で、岩井克人さんの『二十一世紀の資本主義論』を手にし、書名ともなる冒頭の論文を読む。
 グローバル市場経済とその危機について書かれている。岩井さんの論は、経済に疎い私にはいつも刺激に満ち、いろいろと教えてくれる。
 ここでは、とくに「投機」についてのとらえ方がとてもラディカルだ。投機とは、市場経済にとってはもっとも本質的な活動であり、「市場経済のなかで生産し交換し消費するすべての人間が、すでに全面的に投機家なのである」と。じつにみごとな断言だ。

 ただ、一点、どうしても口を挟まざるをえないことがある。論文の最後に「自由」について触れているところ。
 共同体的社会も社会主義国家も、多くはすでに遠い過去のものになったと振り返り、「ひとは歴史のなかで、自由なるものを知ってしまったのである」とし、こう記す。

=================
自由とは、共同体による干渉も国家による命令も受けずに、みずからの目的を追求できることである。資本主義とは、まさにその自由を経済活動において行使することにほかならない。資本主義を抑圧することは、そのまま自由を抑圧することなのである。 
=================

 岩井さんはここで「自由」ということばを使う。そこにためらいがあるようにはみえない。あるいは、面倒だからてっとりばやく使っているとも思えない。たぶん真面目に使っているのだろう。
 でもいったい「自由」と言ってよいのだろうか。
 岩井さんの言うとおり資本主義は、「資本の無限の増殖を目的」としている。すると、そこでひとは、資本の無限自己増殖の舞台に立たされ、ただただ恣意的に振る舞うことを強いられているだけだ、そうとらえるべきではないのだろうか。

 資本制のもと、貨幣さえ手にすれば、気ままに恣意的に振る舞うことができる、というだけにすぎないのではないか。恣意的であるように強いられているにすぎないと。

 なにも「社会主義」を対置したいのではない。それはすでに前世紀半ば、少なからぬひとの眼にとんでもないものと映りはじめ、だからこそ前世紀末までに資本制の前に倒れている。
 しかし、少なくともいまを「自由」であると屈託なく認識していいのだろうか。
 恣意性すら禁じられる社会に比べれば、恣意的に振る舞うことができることは貴重であり、だからこそ、“欲望”が「社会主義」体制を崩壊させたとも言える。
 だが、止まることない自己増殖マシンの巨大舞台上で、不断に突き動かされて恣意的であらざるをえないというだけのことではないのか。「自由」というより、恣意的であるように強いられているというだけでは。
 そういう認識から出発することが求められているのではないだろうか。少なくともそういう視点ももっておくべきではないのだろうか。あるいは、岩井さんにとってはそれは戯れ言にすぎないと黙する断念が秘められているのだろうか。経済学は、すでにこれ以上の回答はないと極めているのだろうか。

2006年7月14日 (金)

京都の本屋さん


 河原町通にあったブックファーストがなくなっている。河原町三条あたりで夜呑んだあとでも店を開いていて便利だったのだが。丸善はすでになく。カラオケやパチンコ系がさらに増えてくる。

P1010017_2 BALビルの中にジュンク堂ができたので寄ってみる。5階から八階まで。ちょうど新宿三越の上階にできたジュンク堂のような感じ。
 ビルフロア面積は新宿三越にできたジュンク堂よりはずいぶん狭そう。これでも京都最大級とうたっている。
 京都の本屋さん、ますます少なくなってきている。大学が市外に移ってしまい、学生の街の貌が失われている。

 そのジュンク堂八階フロアにカフェができた。
 引き出しの付いた古い机が並び、その机はなかなか味わいがある。広がる窓からの見晴らしはよいのだが、見えるのは河原町界隈のビルの屋上ばかり。その向こうに、北山、少しだけ東山も見える。

P1010025  7月は1ヵ月に渡る祇園祭。柊屋などの老舗旅館も神灯を灯している。

2006年7月 8日 (土)

「ロハス」の「自由化」をめぐって

Lohasnews

○「ロハス」は商標登録申請されていた

 少し前に朝日新聞に「ロハス」=LOHASについて、面白い記事が載っていた。
 ロハス(LOHAS)が二つの企業によって商標登録申請されていたという。
 ひとつはスローライフや最近ではロハスをコンセプトにした雑誌「ソコトト」を出版するトドプレス。もうひとつは三井物産。

「ロハス」ということば、2年ほど前からだろうか、日本で聞くようになった。かつてサイトでの解説を引っ張ってくれば、以下のようになる。

===========
ロハス=LOHASとは、Lifestyles Of Health And Sustainability の頭文字をとった造語で、健康な生活、地球環境の持続可能性を重視しようとするライフスタイルということになる。アメリカの社会学者ポール・レイさんと心理学者シェリー・アンダーソンさんが提唱する。
===========

 その概念に起業家が賛同し、アメリカではマーケティング用語として広がる。
 日本ではしばらく前から雑誌で目にしたり、ラジオで耳にしてきた。とりわけ雑誌「ソトコト」あたりは、いわばその牽引者だった。
 記事では、この「ロハス」については、「ソトコト」を出版するトド・プレスが商標登録を2年前に出願した。そして三井物産もそれに続いた。こうして「ロハス」を使用しようとする他企業から商標使用料をとれると踏んだ。
 少し遅れた電通は、ロハスは一般名詞だから宣伝文句に使うだけなら商標権侵害にならないだろうと、ある家電メーカーの製品に「ロハス」を使い始めた。これにたいして、トドと三井物産側が「不快感」を示し、以降「ロハス」を広告に使うのを敬遠するようになったという。こうして他の大手企業もそれに続いたという。

 「ロハス」の露出が抑えられると、結局、トド・三井物産側にとっても好ましいことではないと、この春から、両者は商標使用料をとるのを諦めた、という。
 こうして遅まきながら「ロハス自由化」のときが訪れ、大手企業らは商品開発に力を入れようと動きだしている。
 こんな経緯だ。

○記事にあるロハスの意味

 この記事を読み、おさえておきたいことがいくつかある。
 火付け役の雑誌版元と大手商社が商標登録をして「ロハス」ビジネスで儲けようとしたこと、「ロハス」のコンセプトがものを購入する「消費」という視点に絞られてとらえられていること、大手の企業戦略に載らなければ「ロハス」ということばも露出、「流行」にならない、ということなど。

 所詮「ロハス」も日本では企業ベースでの動きでしかないということ。ここにも、なんでも呑み尽くし自己増殖しようとする資本制の力をみることができるし、ぎゃくにそれに呑まれなければ流行りにもならないということ。

 こうした事実を挙げれば、すぐに想定される言説がある。なんでもビジネス(商売)にして儲けようとする企業への批判だ。それはいつも変わらぬ光景である。
 こうした企業批判を着地点にして、利潤追求する企業の汚れからは自立した「心」や「良心」を表出して安住する姿勢。なにもこれを否定することはないけれど、それは、ビジネスとしてひと儲けしようとする企業や動きと、じつは構造としては表裏一体にすぎないのではないか。

 このあたりについてはもう少し詳しく論じるべきだろう。
 (重くなるので、以降はこちらへ)

豊田舎>徒然にスロー

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ