« 鴨川と賀茂川 | トップページ | 「ロハス」の「自由化」をめぐって »

2006年6月24日 (土)

今年初の「床」

P1010012_1  鴨川の床へ。今年初めて。
 梅雨どきだが、幸い雨に降られる心配はなさそう。
 押小路通を東へ進み木屋町通にぶつかった路地の奥の店。もとは旅の宿だったところで、大部屋、小部屋の脇をうねり抜けて床へ。

 床の席は通常、テーブルを挟んで向かいあいように設けられているが、一番川縁の席は2名用の席が対面せずに、川に向けて並んでいる。これはとてもいい。一緒に来た京キースさんと対面して呑むよりは、鴨川と東山を眺めながら会話をするほうがずっとよい。川と東山と夕空を眺めながら、キース氏の京都論に耳傾ける。

P1010011  空は少しずつ暮れていく。二条大橋も見えるあたりなので、土手は狭く草が生え、四条周辺のようにカップルは座っていない。対岸の景色も四条、三条あたりの繁華街の景観とは異なり落ち着いている。
 川にはカモ、シラサギが見える。しだいに空が色を失いかけると、コウモリが不安定な舞いをみせる。

 床の席というと、空間サービスに寄りかかって味に手抜きをみせるところもあるが、今日訪ねた露瑚さんは、そんなことはない。鹿ヶ谷山荘やセサミなどを経営するオーナーのお店。
P1010017  女将さんの着物の青がなんともいえない。青ってなかなか難しいが、とてもいいセンス。洛中の商家のことばを語る女将の言葉遣いは、花街のことばとはまた違い、さっぱりとしながらやわらか。
 至福のとき。

 腹ごしらえしたところで、祇園へ。お茶屋さんの取材の依頼と下打ち合わせ。

« 鴨川と賀茂川 | トップページ | 「ロハス」の「自由化」をめぐって »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75319/2353327

この記事へのトラックバック一覧です: 今年初の「床」:

« 鴨川と賀茂川 | トップページ | 「ロハス」の「自由化」をめぐって »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ